MENU

ふるさと納税とは

ふるさと納税。
つい数年前までは、
「名前は知ってるけど、あれって
面倒なんでしょ?」

 

っていうぐらいの存在。
株主優待みたいなイメージでしょうか?

 

お得なのは分かるけど、
俺はいいや的なw
(だって面倒くさいんだもんw)

 

でも、株と違ってふるさと納税の場合は?
実質2,000円の自己負担で、
様々な自治体から、お肉やお米やカニやおせちや
いろいろな野菜から果物から。

 

さらには旅行券、宿泊券から、
さらには?

 

家電なんかもΣ(・ω・ノ)ノ!

 

ほんと盛りだくさんなんですよね〜♪

 

 

で、ふるさと納税サイトもたくさん
あるんですが、その中でも?

 

人気のサイトがさとふる。

 

人気の秘訣は何でしょう?
うーん。。

 

やっぱり、初心者や今年初めて
ふるさと納税に挑戦!
っていう人にも優しいってのが
大きいですかね〜。

 

ふるさと納税!さとふるが簡単!

ふるさと納税 ワンストップ

さとふるでは、
いま話題のワンストップ特例は
利用することができるのでしょうか?

 

 

※ワンストップ特例とは?

 

ふるさと納税をする自治体が5ヶ所
以内であれば、確定申告をする必要は
ありませんよという特例です。

 

仮に5ヶ所の自治体で10回
ふるさと納税をしたとしても?

 

自他体としては5ヶ所以内なので
おっけい(特例の対象)
ということになります。

 

ちなみに私の場合は?
サラリーマンとしての収入以外に
副業の収入があるため、
毎年確定申告をしています。

 

※副業といってだいそれたものではなく、
例えばせどりやFXや株やアフィリエイトだって、
年間20万円以上稼いでいれば
確定申告をしないといけませんからね。

 

でさとふるでは?

 

ワンストップ特例の申請用紙も
ダウンロードすることができます。

 

自治体の郵送先の住所も
検索することができるので、
手間を極力省けるようになっていますね♪

 

これは便利(〃∇〃)

ふるさと納税 家電

ふるさと納税というと、今までは?

 

お肉
お米
カニやエビといった魚介類
果物・スイーツ
野菜

 

といった食品が中心で、
例えば家電なんかは無いなぁ〜
っていう印象でした。

 

最近は食べ物以外に
温泉宿やホテルの宿泊券や
ゴルフ場のプレー券などの
返礼品も増えていますね。

 

が!?

 

2016年になって
家電の取り扱いも一気に増えました!

 

が、過熱しすぎたのか?
2017年に入り、総務省から指導が。。

 

換金性の高い商品券や家電は
返礼品として扱わないように
自治体に指示がいったおかげで、
家電がどんどん姿を消しています。

 

ま、これも時の流れですけど、
寂しいは寂しいですね(;´・ω・)

 

更新履歴
このページの先頭へ