MENU

ふるさと納税 年金

ふるさと納税の対象者って、
何も給与所得者(いわゆるサラリーマン)
や自営業の方に限らず?

 

年金受給者の方だって、当然税金を
納めているわけですから?

 

ふるさと納税の控除対象に入ります。

 

では、気になる控除額はいかほど??
ふるさと納税 年金

 

 

目安としては、以下のようになります。

 

70歳以上の年金受給者の控除額は

 

1人分の年金収入の額で見ていきます。

 

250万円の場合→11,000円
300万円の場合→22,000円
400万円の場合→39,000円
500万円の場合→60,000円

 

という感じ。
もっと正確に数値を把握したい場合には、
税理士さんに確認したり、
最寄りの税務署に聞いてみるというのが
おすすめです。

 

※私も税理士さんに聞いて、
「もっと利用できたのに!」
ということがないようにしています(笑)

 

で、ふるさと納税を利用するなら?
さとふるが便利です。

 

ふるさと納税 さとふる

 

やはり、ふるさと納税を楽天や
アマゾンといった通販サイトの感覚で
簡単に利用できるというのは?

 

面倒がなくてよいですからね♪

 

また、返礼品をもらう以外にも、
地震などの災害への復興支援

留学支援

 

といったものも出てきています。
今後、そういった物をもらう以外の
使い道も増えていきそうですね。

 

いずれにせよ、自分が払っている
税金が額は少ないとはいっても、
使い道が分かるというのは、なんかこう、、
良いことしているなと(笑)

 

私なんかは単純なので思いますw

 

さとふるでふるさと納税(受付中)

ふるさと納税 年金記事一覧

ふるさと納税の限度額計算。年金収入の場合はどう計算すればいいのでしょう?簡単にですが、計算した表というか限度額の早見表を作ってみました。年金収入額→限度額150万円→0円200万円→8,000円300万円→19,000円400万円→36,000円500万円→59,000円という感じです。※上記の早見表は「基礎控除」+「社会保険料(概算)」で計算しています。ので、例えば「扶養している配偶者がいる」場...

このページの先頭へ